実績集中における実績観に対して

このごろ、歴史観という見方に気分が集まっている。経済情勢の低迷から、歴史難の年が続いている。歴史活動に苦戦している新卒も多い内側、大学が主導して歴史活動の指導をすることもあります。そんな中で、動くことにどのようなあこがれ意識を保ち、何のために動くかという歴史観を伺う好機が多くなっています。自分にとって売り買いは何かをはっきりさせることが、歴史観だ。歴史観を見定めた上で、日々の仕事をしているという方は、ちょいしかいないでしょう。自身の歴史観を何かに書き出しておくことで、自分が何を目論むのかを自覚することができます。俺は何のためにはたらくのか明確にすることは、歴史活動だけでなく、その後の暮らしにおいてもはたらく志原点となります。一人一人の見方を通じて、歴史観は異なっています。やりたいことがあるという方もいるでしょう。これが結論はありませんが、自分なりのレスポンスというものを持っておくことが大事です。明確な歴史観のないままに勤めると、事業が思い通りにならなかったときの正解が見つけられなくなります。踏ん張りがきかずにすぐ売り買いをやめてしまったり、他人の目的のために自分が用い負ける結果になってしまったり行う。歴史観をはっきりさせる結果、自分が志す先へといった近づけます。