カロチノイドを健康に役立てる人がたくさんいます

最近は、多くのカロチノイドサプリメントが販売されており、カロチノイドを健康に役立てる人がたくさんいます。まれに、サプリメントでカロチノイドを摂取したことで、体に悪影響が出てしまうことがあります。カロチノイドの副作用は、一体何があるものなのでしょうか。カロチノイドの1つにβカロチンという成分があります。もしもこのβカロチンをサプリメントで取り入れるのであれば、同時に使っているサプリメントに、ビタミンAサプリメントや、マルチビタミンサプリメントがないかをチェックしましょう。成分表示を確認すれば一目瞭然ですが、ビタミンAを含むサプリメントは、βカロチンを使っていることがあるためです。サプリメントでカロチノイドを摂取し、さらにビタミンAサプリメントでカロチノイドを摂取すると、カロチノイド過剰になってしまいかねません。万が一、βカロチンを大量に摂取しすぎてしまうと、手足の皮膚が黄色くなるだけでなく、もっと良くないこともあります。運が悪いと、余剰のβカロチンが肝臓に集められて、肝臓が十分に働かなくなってしまうということがあります。レチノールは、動物から抽出することができるカロチノイドの一種です。皮膚に湿疹ができたり、おう吐感が強くなったり、酷い頭痛に悩まされることがレチノールの取りすぎにはあります。サプリメントを摂取する時に配合成分を調べることで、1つの成分が過剰にならないよう防ぐことができます。幾つかのサプリメントを併用すると、カロチノイドや意外な成分が過剰になったり、飲み合わせに問題が生じることがありますので、必要なら専門家のアドバイスを受けましょう。